あかつき ベスト・セレクション

マーケット環境を考慮し、中長期投資の観点から当社がおすすめするファンドラインナップ。

  • ひふみプラス

    • 国内株式
    • つみたてNISA
    • NISA

    主要投資対象は、国内外の上場株式。長期的な経済循環や経済構造の変化、経済の発展段階等を総合的に勘案して選ばれた国内外の株式市場のなかで、長期的な産業のトレンドを勘案しつつ、定性・定量の両方面から徹底的な調査・分析を行い、その時点での市場価値が割安と考えられる銘柄に長期的に選別投資し、信託財産の長期的な成長を図る。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • BNYメロン・日本中小型株式ダイナミック戦略F [愛称:風神雷神]

    • 国内株式
    • NISA

    主として、わが国の上場株式のうち、中小型株式の中から、ボトムアップ・アプローチによる個別企業の調査等を通じて、企業の成長性と株価の割安性の両方を考慮した銘柄に投資を行う。株価指数先物取引を用いて実質的な株式の組入比率を機動的に調整しながら、株式市場の上昇・下落局面を含む中長期的なサイクルを通じて積極的にリターンの追求を行う。実質的な株式組入比率の調整にあたっては、日興グローバルラップ株式会社より投資助言を受ける。1月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • フィデリティ・テクノロジー厳選株式ファンド [愛称:Jテック+]

    • 国際株式
    • NISA

    主要投資対象は日本のテクノロジー関連企業の株式。個別企業分析によって成長力が高いと判断される企業を選定し、妥当と思われる株価水準で投資を行う。ベンチマークは、FTSEジャパン・インフォメーション・テクノロジー・アンド・FTSEジャパン・エレクトリカル・イクイップメント・ウィズ・モディファイド・キャップ・ウェイティング・インデックス。2月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • USテクノロジー・イノベーターズ・ファンド

    • 国際株式
    • NISA

    主として米国の取引所に上場している株式の中から、情報技術の開発、進化、活用により高い成長が期待される企業の株式に投資を行う。銘柄選択にあたっては、実地調査等を通じて企業の成長見通し、財務健全性、バリュエーション等の分析・評価を行い、厳選する。情報技術関連企業への投資に強みを持つ、ティー・ロウ・プライス・アソシエイツ・インクが実質的な運用を行う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。2月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • G・ハイクオリティ成長株式F(H無) [愛称:未来の世界]

    • 国際株式
    • NISA

    主として世界の金融商品取引所上場株式に実質的に投資を行う。ポートフォリオの構築にあたっては、投資アイデアの分析・評価などに基づき選定した質の高いと考えられる企業(「ハイクオリティ成長企業」という)の中から、市場価格が理論価格より割安と判断される銘柄を厳選する。原則として対円での為替ヘッジを行わない。このため、基準価額は為替変動の影響を受ける。ファミリーファンド方式で運用。9月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • グローバル・フィンテック株式ファンド

    • 国際株式
    • NISA

    主として、日本を含む世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資を行う。個別銘柄の選定においては、米国のアーク社の調査力を活用する。フィンテック(FinTech)とは、金融(Finance)と、技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新の情報技術を活用した「新たな金融サービス」のことを言う。原則として、為替ヘッジは行わない。ファミリーファンド方式で運用。12月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • ウォルター・スコット優良成長企業ファンド(資産成長型)

    • 国際株式
    • NISA

    日本を含む世界の株式の中から、持続的な成長力を有すると判断される企業の株式に投資する。個別銘柄について、財務特性やマネジメント、競争優位性等に着目し、組入候補銘柄を選定する。ポートフォリオ構築にあたっては、中長期での収益獲得に資すると考えられる銘柄への厳選投資を行う。為替ヘッジは原則として行わない。ファミリーファンド方式で運用。5、11月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

  • BNYメロン・米国株式ダイナミック戦略ファンド [愛称:亜米利加]

    • バランス
    • NISA

    米国の金融商品取引所に上場(これに準ずるものを含む)されている株式の中から、主として米国の製造業に関連した株式に実質的に投資する。米国の株式市場および円に対する米ドルの為替レートの上昇、下落それぞれの局面においてリターンを最大化することを目指し、株価指数先物取引および為替先渡取引等を用いて実質的な米国株式の組入比率を調整する。原則として、為替ヘッジを行わない。ファミリーファンド方式で運用。5月決算。

    ファンド詳細を見るファンド詳細を見る

あかつき 厳選ファンド

全取扱いファンドの中から資産クラスごとに、トータルリターンおよびレーティング等を考慮し、より厳選した100本を選定しています。

投資対象

基準価額変動に関するレポート

投資信託の預け替え(移管)

あかつき証券に株式・投資信託等を移管いただいたお客様に
ご移管の際、証券会社等にお支払いいただいた移管手数料を全額ご負担いたします

投資信託についての注意事項

  • 投資信託のご購入に際しては、「商品リーフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等を十分にお読みいただき、ご自身でご判断ください。「商品リーフレット」「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」等はあかつき証券本支店等にご用意しています。
  • 投資信託のご購入、換金にあたっては各種手数料等(申込手数料、換金時の手数料、信託財産留保額)が合計でお取引金額の最大3.54%(消費税込)必要です。また、これらの手数料等とは別に投資信託の純資産総額の最大年率1.89%(消費税込)を信託報酬として、その他に運用状況等により変動するため事前に料率、上限額を示すことのできない監査費用や組入有価証券の売買にかかる売買委託手数料等をその他諸費用として信託財産を通じてご負担いただきます。お客さまにご負担いただく手数料はこれらを足し合わせた金額となります。
  • 投資信託は、元本保証および利回り保証のいずれもありません。
  • 投資信託は国内外の株式や債券等へ投資しているため、投資対象の価格の変動、外国為替相場の変動等により、投資した資産の価値が投資元本を割り込むことがあります。これらのリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。
  • 投資信託は預金ではなく、預金保険の対象ではありません。また、あかつき証券で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • あかつき証券は販売会社であり、投資信託の設定・運用は運用会社が行います。

資産運用のご相談は
下記もしくはお近くの店舗へ

店舗のご案内

お問い合わせ
0120-753-960受付時間:平日8:00~17:00